UA-137358912-2
top of page
フィルム施工に関するご相談、ご質問はお気軽にお問合せください。
  • 執筆者の写真窓フィルム施工 イーズウェイ

実は深い悩みがあった。窓フィルム施工とお医者さんで解決!


お医者さん

実は深い悩みがあった。窓フィルム施工とお医者さんで解決!


こんにちは!

イーズウェイ清水です。

普段、なんとなく気になっていることから深刻な問題まで、

抱えている悩みごとや問題は人それぞれです。

本当の理由を把握することで、より適切なご提案や解決方法を考えています。

お客様から聞いた数々のお悩みの中で、かなり深刻な悩みがあったエピソードをご紹介します。



岡山市のあるお客様からあった相談です。

「日中カーテンを閉めっぱなしにしているので閉鎖的なリビングを何とかしたい」

というご相談がありました。

一般的にはカーテンを開ければ採光によって明るくなり、気分も明るくなるのでは?


と思います。


相談を聞いたとき、私もそう思いました。

実は、なぜそうしたいのか?


本当の理由はお客様ご自身でないと分らないということです。

そのお客様は平日に仕事が休みのため、リビングでのんびりコーヒーを飲みながら読書をすることが趣味で、朝から夕方近くまで本を読んでいることが多く、集中して読みたいのでカーテンを閉め外部からの刺激を減らしていたのです。

全ては集中して本を読むためにしていたことです。

ところが、食事は食べない、トイレも我慢、体も全く動かさない状態を繰り返していた結果、仕事に集中できないほど疲労感を感じるほどになって体調を崩してしまったのです。

医師からは、規則正しい生活スタイルにすることで改善される可能性があると言われ、休日の過ごし方を見直していたようです。

カーテンを開け天気の状態や採光を感じることで、集中による疲労感を軽減することができるようになってきました。

そうすると、今度は別の問題が発生してしまったのです。


”太陽光”が煩わしくなったのです。


そこで、またカーテン閉めてしまったのです。

外の景色を程よく感じることが、ストレスの緩和になっていましたが、これでは、「また同じよう状態になってしまう。」と考えていたとき、丁度いいタイミングで、私のチラシを目にしたことで、とりあえず相談をしてみたということです。

私は日射しを63%軽減させる遮熱フィルムをご提案し、採光を少し抑えつつ明るさを保つことができるものを選択。


サンプルフィルムを確認していただきリビングに面している窓ガラス4枚に施工しました。

結果、カーテンを開けることができ、閉鎖的な空間から解放され「健康的に読書ができるようになった。仕事へもいい影響を与えており会社でも採光を取り入れ仕事をしている。」と伺うことができました。

このように、だれかに相談することによって解決策が見つかることがあります。

今回の場合はお医者さんと私のチラシがきっかけでしたが、相談をいただき解決できたことが本当に良かったと感じます。


全てがご相談から始まります。

中には解決が難しいものもありますが

お客様の悩みに真剣に向き合い、私にできることを精一杯させていただきます。


施工だけでなく料金面でも。。。




実は深い悩みがあった。窓フィルム施工とお医者さんで解決!

ご相談はこちらへ↓↓↓

窓ガラスフィルム施工専門イーズウェイ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page