UA-137358912-2
top of page
フィルム施工に関するご相談、ご質問はお気軽にお問合せください。
  • 執筆者の写真窓フィルム施工 イーズウェイ

とにかく紫外線あびたくない!UVカット対策フィルムを選んだ理由。


窓からの日射し

とにかく紫外線あびたくない!UVカット対策フィルムを選んだ理由。


紫外線を浴びたくない理由って。


特に紫外線に対して意識が高いのは女性。

美意識の現れとして、日焼けをしたくないと思っている女性の方は非常に多いと思います。


シミ・ソバカスができてしまう。


なるべくなら「目立たないようにしたい」という願望が大半を占めているのではないかと思います。


日焼けによる蓄積が時間を要することで、肌への影響を与え、メラニンを破壊することからシミやソバカスができる要因になっています。


外出時は、日焼け止めやファンデーション、防止やサングラスなどを併用し対策をすることができますが、家の中ではいかがでしょうか?


お客様からお伺いしたところ、


「家の中で日焼け止めをわざわざ塗っている方は、ごくわずか?いや、ほとんどいないでしょう。」と言われていました。


紫外線は暑い季節にはもちろん紫外線量が多く、強くなります。


しかし冬でも弱いながらも紫外線はあります。


紫外線だけが、シミやソバカスの原因ではないですが、出来ることであれば、浴びないにこしたことはありません。


一年中を通して、ジワジワと肌の中に吸収されていく紫外線をいかに、浴びなくするかを考えなければなりません。


室内にいる時に、少しずつ少しずつ、紫外線を浴びていて蓄積されてしまっているのです。


気付かないうちに、いつの間にか肌に悪影響を与えてしまっていたのです。


その他、人体に影響を与える点として、「眼」があります。

高齢者に多い白内障の進行になる要因とされています。


話しを戻しますと、


「家の中でどうやって対策するの?」


ということです。


カーテンを全て閉め切れば対策は可能ですが、ずっとその状態にしておくことは出来ませんよね。


実際にお伺いしたお客様の声としても、UVカットが部屋の中にいても、できるのであればやっておきたい!という要望が多いのも事実です。


そこで、UVカットフィルムを窓ガラスに貼りつけることで、紫外線によるストレス解消され予防ができるようになります。


家の中全部を貼るお客様もいらっしゃいますが、どうしても費用が掛かってしまいます。

少し予算を抑えたいなぁ。と思われる方もいらっしゃいます。


その場合は、生活導線上を考慮して、施工する場所を考えることで、効果的に施工する箇所を決めることができます。


先ず、キッチン周りやリンビングなどを中心として考えれば、必要なところへ必要な数量だけ施工することができます。


実際に施工されたお客さまは、家の中で化粧をしたり、日焼け止めを塗っていた方もいらっしゃいました。

また逆に何もしていない、面倒臭いと言われるお客さまもいらっしゃいました。


いづれにしても、UVカットフィルムを施工することで、根本的に紫外線をカットするので安心です。


家の中にいても紫外線対策がしっかりとできるので、気になる方は是非、UVカットフィルムを貼ることをおすすめします。


フィルムを選択する時は60%カットとか、80%カットではなく99%カットできるフィルムを選んでいただけたら良いと思います。



とにかく紫外線あびたくない!UVカット対策フィルムを選んだ理由。


ご相談はこちらへ↓↓↓

窓ガラスフィルム施工専門イーズウェイ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page